相談内容

離婚問題(離婚,親権,養育費,慰謝料請求等)

離婚をする手段には,主に,次の3つの手段があります。
ひとつは協議離婚です。協議離婚の場合は,ご夫婦の話し合いで解決し,離婚届に印を押し,役所に届け出れば離婚が成立します。この場合は,弁護士が介入する必要はほとんどありません。
 しかし,協議で話し合いがまとまらなかった場合,裁判所を通じた離婚手続を経る必要があります。これが,調停離婚,裁判離婚です。この場合は,弁護士にご相談いただくと手続がスムーズに進みます。
 まず,調停離婚とは,家庭裁判所に夫婦関係の調整調停申立をして,調停委員をはさんで裁判所で話し合いをするという手続です。原則として裁判所の手続で離婚する場合,調停を先に申し立てなければなりません。
 裁判離婚とは,調停での話し合いが上手くいかなかった場合,家庭裁判所の裁判官に判決で離婚を決めもらうという手続です。
 そのほか,別居生活中に夫から生活費がもらえない場合は,婚姻費用の分担調停を起こしたり,DV事件の場合は,仮処分の手続をするなど,離婚に関連して様々な申立てが必要となることがあります。
 離婚の手続で不安を感じたら,是非法律の専門家である弁護士にご相談下さい。

相続問題(財産分割,遺言書作成等)

 人が死亡したとき,相続という問題が生じます。
 相続人の範囲については,法律で定められておりますが,相続人を調査したり,遺産分割の方法を決めたりすることは,かなりのエネルギーを使います。
 そこで,弁護士が相続問題について介入することにより,裁判所を使った手続をすることが出来,早期に相続問題を解決できるメリットがあります。
 また,相続のとき,揉め事を作らない為にも,生前に遺言書を作成しておく方法もあります。当事務所では,遺言書の作成から,公証人役場への同行まで,皆様のお力になれるような業務をしております。
 相続問題は誰にでも起こることです。是非一度後相談下さい。

債務整理(破産,民事再生,過払い訴訟等)

 債務整理とは,借金などのマイナス財産とプラス財産を整理して,生活設計を見直すという幅広い意味を持つ言葉です。
 債務整理の中には,裁判所の手続を使わない任意整理と裁判所の手続を使う民事再生,破産手続があります。また,消費者金融に対する過払い金請求も行っております。
 借金で生活が苦しく,消費者金融に対する返済を見直したい場合は,まずは過払い金請求を行い,債務(マイナス)が残れば,破産等の手続をお勧めしています。
 弁護士に債務整理を頼めば,債権者からの請求をとめることができます。借金で生活することが苦しいという方,一度弁護士に相談してみては同でしょうか。

交通事故(自動車事故,自転車事故,その他様々な事故等)

 交通事故で車を修理しなければいけなくなった方、怪我をして治療を受けなければならない方,あるいは不幸にも亡くなってしまった場合は,加害者(保険会社)に金銭を請求しなければなりません。これを損害賠償請求といいます。
 交通事故が起きると,保険会社と示談交渉することが多いですが,自分の希望した金額や損害を認めてくれる可能性は低いです。
そこで,交通事故で損害が生じた場合,最終的には裁判になる可能性が高いことを考え,法律の専門家である弁護士に相談しておくことは,最善の策といえます。
 また,最近の自動車保険契約には弁護士費用特約がついているものがあり,弁護士費用を保険会社が払ってくれる事もあり,気軽に弁護士に頼めるようになっています。
 当事務所では,過去に何件もの交通事故訴訟を経験したスタッフがおり,近年問題となっている脊髄圧減少症も問題にも取り組んでおります。
 交通事故でお悩みの方,保険会社との交渉が進まない方,是非一度ご相談下さい。

不動産に関する問題

 借地借家,賃料増額,減額請求,建物明け渡し,悪質リフォームに関する問題,登記抹消請求,共有物分割等,不動産に関する問題は,自分で対処することが難しい分野です。
 不動産に関するトラブルがある方は,ぜひ一度専門家である弁護士にご相談下さい。

労働問題(給料未払い,セクハラ訴訟等)

 残業代を払ってくれない,上司から圧力をかけられて,仕事をやまなければならなかった,配置転換について不利益な扱いをされた,期間従業員であったが,不当に契約更新を拒絶された,女性であることを理由に嫌がらせを受けて,仕事に出ることが出来なくなった・・・など,労働に関してさまざまな問題が生じています。
 労働者側と使用者側で立場の違いはありますが,労働問題は法整備が整ってきている分野です。労働問題について不安がある方,是非一度ご相談下さい。

刑事・少年事件(告発,告訴,示談,私選弁護等)

 傷害,窃盗,詐欺,横領など,刑事事件に巻き込まれた方,警察に嫌疑をかけられた方は,どのように対処しなければならないか,これからどのように手続が進められるか不安に感じる方がほとんどです。
 刑事事件に弁護士は必須です。是非一度ご相談下さい。

医療過誤訴訟

 病院での治療,特別養護老人ホーム等の施設での不手際により,身体あるいは生命に損害が生じることがあります。そのような時,ご自身で病院や施設に損害賠償請求をするということは,困難を極めます。
 当事務所では,病院側に対して,適切な治療を行わなかったこと,つまり医療過誤訴訟を提起し,慰謝料等を請求していきます。また,施設側の失敗により,損害が生じたことを請求していきます。
 病院や,施設でのトラブルがあった場合,是非一度ご相談下さい。

成年後見申立て,財産管理契約(任意後見申立て,高齢化に関する問題)

 高齢化が進んでいる今,認知証が進んで,自分で財産の管理が出来ない,これから,自分が管理できなくなるのが怖いなどの不安が増えています。
 そのような社会のために,法律で成年後見人の制度や任意後見人の制度を整備しております。
 手続が難しい分野でありますので,是非一度法律の専門家である弁護士にご相談下さい。

騒音問題,近隣関係の問題(境界に関する紛争),会社経営に関する問題

 騒音問題,近隣関係の問題(境界に関する紛争),会社経営に関する問題(売掛金の回収,損害賠償請求に対する示談)不貞行為の相手方に対する慰謝料請求等,具体的な法律問題であればどんな相談もお受けします。

電話無料相談
営業案内
定休日 土曜日・日曜日・祝日
営業時間 9:00~17:00
住所
〒465-0002
名古屋市中区丸の内3-7-9
チサンマンション丸の内第2
TEL:052-955-5200
地図・アクセス

<<桜法律事務所>> 〒 460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-7-9 チサンマンション丸の内第2 TEL:052-955-5200 FAX:052-955-5201