離婚の問題

離婚問題(離婚,親権,養育費,慰謝料請求等)

離婚をする手段には,主に,次の3つの手段があります。
ひとつは協議離婚です。協議離婚の場合は,ご夫婦の話し合いで解決し,離婚届に印を押し,役所に届け出れば離婚が成立します。この場合は,弁護士が介入する必要はほとんどありません。
 しかし,協議で話し合いがまとまらなかった場合,裁判所を通じた離婚手続を経る必要があります。これが,調停離婚,裁判離婚です。この場合は,弁護士にご相談いただくと手続がスムーズに進みます。
 まず,調停離婚とは,家庭裁判所に夫婦関係の調整調停申立をして,調停委員をはさんで裁判所で話し合いをするという手続です。原則として裁判所の手続で離婚する場合,調停を先に申し立てなければなりません。
 裁判離婚とは,調停での話し合いが上手くいかなかった場合,家庭裁判所の裁判官に判決で離婚を決めもらうという手続です。
 そのほか,別居生活中に夫から生活費がもらえない場合は,婚姻費用の分担調停を起こしたり,DV事件の場合は,仮処分の手続をするなど,離婚に関連して様々な申立てが必要となることがあります。
 離婚の手続で不安を感じたら,是非法律の専門家である弁護士にご相談下さい。

電話無料相談
営業案内
定休日 土曜日・日曜日・祝日
営業時間 9:00~17:00
住所
〒465-0002
名古屋市中区丸の内3-7-9
チサンマンション丸の内第2
TEL:052-955-5200
地図・アクセス

<<桜法律事務所>> 〒 460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-7-9 チサンマンション丸の内第2 TEL:052-955-5200 FAX:052-955-5201